給食ナフキンの作り方とサイズ、三つ折り仕立てで簡単

こんにちはキューです。

今日は小学校の給食で使うナフキンランチクロスランチョンマットとも言いますが、色々な作り方がある中で最も簡単な、三つ折りで仕上げる作り方と、小学校の机のサイズを合わせてご紹介します。

まずはナフキンを作るにあたって、子供達が毎日使う小学校の机の大きさはどれくらいでしょう?

調べてみました。

スポンサーリンク

ナフキンの作り方の色々な方法

  • 三つ折り仕立て
  • 額縁仕立て
  • 薄手の布を中表に合わせて、裏返して仕上げる方法
  • ロックミシンで巻きロックで仕上げる方法

今回はこの中でも一番簡単な、基本の三つ折り仕立てをご紹介します。

小学校の机のサイズとナフキンの大きさ

小学校によってはナフキンのサイズを指定されることもありますので、一度ご確認ください。

小学校の机のサイズ

小学校の机のサイズは、JIS規格で決められています。

天板のサイズ

旧JIS規格 60×45cm

新JIS規格 65×45cm 旧タイプよりも少し横幅が大きいですね。

まだ旧タイプの方が多いようで、うちの子供達が通う小学校は旧タイプでした。

ナフキンの大きさ

ナフキンの大きさ(サイズ)が小学校で指定がない場合はお好きな大きさで作られて構わないと思います。

ただ、「机より大きいと、はみ出た部分が引っかかってこぼす可能性もある」

と言うことも聞きますので、机よりは小さいサイズで作られることをおすすめします。

しかし、机のサイズより少し小さいサイズって、作ってみると結構大きくてびっくりします。

この辺りは好みですね。

正方形のナフキンを折って使う方もいれば、給食のお盆より少し大きいサイズにする方もいます。

または、とりあえず持って言ってればOKと言うことで30×45cmくらいの大きさの方もいらっしゃいます。

今回、私は仕上がりサイズ50×40cmで作りました。

ナフキンにおすすめの生地

この三つ折り仕立てのナフキンや、額縁仕立てのナフキンに最適な生地は

オックス生地(オックスフォード)です。

シーチングやブロードだと少し薄いです。

オックスは張りがあり、少し厚手なのでとても扱いやすいく縫いやすいです。

柄も色々と可愛いものがありますので、おすすめです。

では早速作り方をご紹介していきます。

給食ナフキン、三つ折り仕立ての作り方

簡単すぎて説明ってほどでもないのですが、仕上がりが少しでもよくなる方法をご紹介したいと思います。

1、まずは丁寧に生地の目に沿ってアイロンをかけます。

2、縫い代があるので、仕上がりのサイズよりも縦も横も32mm大きく裁断します。

8mmの折り目にします。

(500mm×400mmで仕上げたい場合は、532mm×432mm)

仕上がりサイズはきっちりじゃなくて大丈夫ですよ。

正確に角を90度に仕上げたいので、縦糸と横糸を引き抜いてからハサミで切る方法を参照してください。

ハンカチを作るときに布をまっすぐ正方形で正確に切る方法

3、アイロンで8mmの三つ折りにします。角は1辺に重ねてOKです。

4、1~2mmのところを丁寧にミシンで縫います。

5、角は返し縫いをして+に縫うか、4に縫って押さえます。

+の縫い方

4の縫い方

ただ L 角を縫うよりも綺麗に仕上がります。

6、最後は2.3針返し縫いをして出来上がりです。

スポンサーリンク

まとめ

ナフキンとガーゼマスクと巾着袋は一週間のうち5日使うので、できれば5セット用意しておきたいですね。

この方法は簡単で安上がりですのでおすすめです。

また、もう少し高度な技で額縁仕立て(額縁縫い)と言う方法もあります。

よろしければ参考までにご覧ください。

ランチョンマットを額縁縫いで仕上げる方法

また、小学校の入学準備まとめ記事もおすすめです。

どうぞよろしく〜

こんにちはキューです。 春から小学校へご入学されるお子様のご両親様おめでとうございます。 楽しみですね。 その前にご卒園ですね。 卒園式では立派に成長した子供達の姿に感動されることと思います。 入園した...

最後までありがとうございました。

Thank you!

スポンサーリンク

SNSフォローお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。