給食ナフキン(ランチョンマット)を額縁縫いで仕上げる方法

今日は、小学校の給食で使うランチョンマット(ナフキン、ランチクロス)の仕上がりがグンと良くなる、額縁縫いの方法をご紹介いたします。

よりわかりやすい動画もあります。


   

額縁縫いとは

ハンカチやランチョンマット、テーブルクロスを作る時に、周りを三つ折りにして角を額縁のように仕上げる方法です。

給食ナフキンのサイズ

50cm×40cmで作りました。

学校の机の天板よりも一回り小さいサイズです。

学校の机のサイズはJIS規格で決められています。

旧JIS規格だと60×45cm

新JIS規格だと65×45cm

まだ旧タイプの方が多いようです。

ナフキンは学校によってはサイズの指定とかがあるかもしれませんので、ご確認くださいね。

うちの子の小学校は旧タイプですが、サイズの指定はないので正方形でも長方形でもなんでもいいそうです。

失敗しない、額縁縫い(額縁仕立て)の縫い方

1、まずは4辺を三つ折りでアイロンかける。この時、折り目の幅をしっかりと測り、1cmならすべて1cmにする。

2、開いて、チャコペンで印をつける。(これ大事です!仕上がりが違います。)

3、中表で周りひと折りだけ表にして半分に折る。

4、ひと折りしたら先ほどの斜めの線が裏側になってしまって縫う場所がわからなくなってしまうので、もう一度表側にもチャコペンで印を付ける。

5、下の画像のように真ん中で折って直角(90度)に線を書く

6、今チャコペンで書いたところを縫う。

7、縫ったところの5mmくらいを切る。

8、アイロンで割る。

9、割ってはみ出たところも切る。

10、ひっくり返すと綺麗な三つ折りに。

ピンセットを使うとキレイに返せます。

11、アイロンをかけて、仕上げに周りをぐるりと縫う。

端から1~2mmのところを針が落ちないように注意しながら、丁寧に

特に角はゆっくりと

完成

動画

YouTube動画を合わせて参考にしてください。

 

まとめ

給食ナフキンの生地はオックス生地がオススメです。

適度な厚みと、洗濯後シワが少なく、張りもあります。

角が綺麗に仕上がっていると、気持ちいい〜

額縁縫いはとっても素敵に仕上がるのですが、小学校の入学準備にたくさん作らなければならない場合は、ただの三つ折りでも十分だと思います。

給食ナフキンの作り方とサイズ、三つ折り仕立てが失敗しないポイント
こんにちはキューです。 小学校の給食で使うナフキン、ランチクロスやランチョンマットとも言いますが、色々な作り方がある中で最も簡単な、 失敗せずに出来る『三つ折り仕立ての給食袋の作り方』と、 小学校の机のサイズとおす...

楽天市場のママ割なら入園入学準備がお得

キューのハンドメイドブログを読んでくださってありがとうございます。

入園、入学準備大変ですが頑張ってください。

handmadebycue.com キュー

see you!

 

スポンサーリンク

 

SNSフォローいただけると嬉しいです

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。