小学校入学準備

小学校入学準備、お道具箱が入る手提げ袋のサイズと作り方

こんにちはキューです。

今春ご入学予定のお子様がいらっしゃるママさん、小学校の入学準備は進んでますでしょうか?

ピカピカの一年生、楽しみですね。おめでとうございます。

 

幼稚園、保育園の時に使っていた手提げ袋(レッスンバッグ)だと幼いデザインのものが多いと思いますので、作り直してあげたいですね。

 

おすすめはお道具箱も余裕で入る大きさの手提げ袋(レッスンバッグ)
標準サイズはどれくらいなのか?大き目サイズだとどのくらいが良いのか?
作り方も合わせてご紹介いたします。

 

小学校で使う手提げ袋の大きさは?

小学校の荷物は幼稚園の頃の持ち物の量とはかな〜り違います。

毎週、結構な量の荷物をランドセルと、手さげ袋に詰めて持って通うことになります。

 

学期末にはお道具箱に体操服に上履きまで全部一緒に持って帰ることも!

大概は徐々に持って帰るんですけど、どうしても重なってしまうこともあるんですよね。

 

なので出来れば少し大き目のサイズがいいと思います。

では標準サイズはどれくらいなのか?

大き目のサイズだとどのくらいが良いのかをご紹介します。

 

小学校用手提げ袋の標準サイズ

小学校で指定される場合もあると思いますが、一般的な標準サイズは

30cm×40cm のマチなし

 

お道具箱の大きさは?

お道具箱は多少の大小はありますが、320×240×63 〜332×237×70 (mm)

 

この箱と蓋の部分を小学校の机の中に並べて、一つは教科書、一つはのりやハサミなどの文房具を入れておく小学校が多いです。

 

お道具箱を入れると標準サイズの手提げ袋では入らないこともあります。

 

では、どのくらいのサイズの手提げ袋なら入るのでしょうか?

 

お道具箱が入る大きめ手提げ袋のサイズは?

横幅が45cm

高さは33cm

で今回ご紹介してます。

 

この大きいサイズでも、標準サイズでも、一年生の机の横に下げた時は床についてしまいます。

うちの子達の通う小学校では、基本的に机の横には掛けないで、ランドセルロッカーまたは廊下のフックに掛けます。

 

手提げ袋のおすすめの素材は?

今回はデニム生地で作りました、とっても張りがあって丈夫で良いのですが、厚手なので家庭用のミシンでは縫えないことがあります。

簡単に出来るのは、オックスフォード生地です。

キルティングも厚みのある生地が縫えるミシンなら大丈夫ですが、一度お試しの上お作りください。

デニム生地に似ているダンガリー生地なら薄手です。

 

楽天市場にて、デニムとデニム風の生地を何点か探してみました。

 

 

 

 

私が使ったバンダナ生地がなかなか見つからないので、似ているものはこちら

ちなみに私はユザワヤで購入しました。

 

手提げ袋にマチは付ける?

お道具箱など立体的なものを入れるのにマチがあったほうがいいのかな?

マチとは?

カバンなどの横、またはそこの部分に奥行きを作るための部分です。

マチがあることで立体的になり、物によっては自立します。

マチはいる?

小学校の手提げ袋にはマチはいらないと思います。

理由は、あるとその分大きく作らなければならない事と、縦が余計に長くなります。

大した手間ではないですが、少し手間もかかります。

 

手提げ袋の簡単な作り方は?

今回ご紹介するデニム&バンダナの手提げ袋は、持ち手も作るので、

もっと簡単に作るには市販のカラーテープを使い、薄手のオックス生地で作ることをおすすめします。

 

デニム生地&バンダナ生地で手提げ袋を作る時の注意

デニム生地は張りがあって丈夫で良いのですが、生地が厚い為、家庭用のミシンでは縫えないこともあります。

 

一度デニムを四つ折りにして、バンダナの薄地との段差が縫えるか、試し縫いをおすすめします。

 

 

それではデニム生地とバンダナ生地で作る大きめ手さげ袋(レッスンバッグ)の作り方をご紹介いたします。

 

大きめの手提げ袋の作り方

仕上がりサイズ

本体 45cm×33cm

持ち手の長さ 34cm

材料

デニム生地(表布)

本体 47cm×72cm 1枚

持ち手 8×40cm 2枚

バンダナ生地 (裏布、内袋)

内袋部分 47cm×72cm 1枚

持ち手 5×40cm 2枚

バンダナ生地が売っていない場合は100均で売っている普通のバンダナを二枚で、底の部分を接いで使えば大丈夫です。その場合の返し口は底の部分に作ります。

 

作り方

1、材料のところで説明しているサイズに布を裁断します。

2、持ち手を作ります。

デニム生地 8×40cm 2枚を  1cm幅に左右から折り、さらに3cm幅になるように半分に折りアイロンをかけます。

 

2mmくらいのところをミシンで縫います。

 

バンダナ生地 5×40cm 2枚を3cm弱になるように左右を折りアイロンを掛けます。

 

先ほど作った、デニム生地の持ち手に重ねてミシンで縫います。

なるべく端の方を丁寧に。

縫いずれに注意してください。

 

3、持ち手を47cmの辺、表布(デニム)の中心から10cm離したところに付けます。

ミシンで仮縫いしておきます。取り付ける向きに注意してください。画像を参照してください。

 

4、デニム生地の表面の上にバンダナ生地を裏にして(中表)、間に持ち手が挟まっている形で重ねます。

端から3cmのところを縫います。

 

反対側も同様に縫います。

 

5、表布と裏布を下の画像のように広げ合わせます。

 

6、袋口の部分(表と裏の境目)がずれないように重ねて、脇を縫います。上の画像を参照

この時、一部12cmくらい返し口として開けておいてください。

 

7、返し口から表に返してください。角が綺麗に出るように、手を入れて整えます。

 

8、返し口をミシンで縫います。

 

9、バンダナ生地(内袋)を中にしまいます。

 

10、アイロンで袋口を整えます。この時、バンダナ生地を2mmくらい気持ち中に控えてください。

 

11、袋口5mmくらいのところを一周ぐるりと縫ってください。

強度を高めたい場合はもう一周1.5cmくらいのところを縫ってください。

 

出来上がり

まとめ

お道具箱はもちろん、夏休みの自由研究や、図工の作品のお持ち帰りも入ることもありますし、絵の具セットなども入ります。

大は小を兼ねるとも言いますので、標準サイズをすでにお持ちでも、もう一つ大きな手提げ袋があってもいいと思いますよ。

次女の絵の具セットにはプラスチックの持ち手が付いているのですが、持ち難いそうなので、大きな手提げに入れていきます。

 

バンダナの生地とデニム生地の相性が良くってとっても気に入ってます。

前回、小学校に持っていくようの鍵のホルダーも同じ生地の組み合わせを使ってますのでよかったらご覧くださいね。

小学生のランドセルに付けるリール式キーケースの作り方こんにちはハンドメイドブロガーのキューです。 小学校の中高学年になると、下校時刻にママが留守の時には鍵を持って学校へ行く子...

 

 

それでも、、、、

作る時間がないママさんには?

 

小学校や幼稚園の入学、入園準備、市販の手提げ袋ですと、楽天市場で人気のショップCCSTYLEがあります。

生地のデザインがたくさんあって、上履き入れや、ランドセルカバー、手提げ袋、体操着袋、給食袋などが揃います。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

Thank you.

 

おすすめ記事はこちら

スヌーピーミュージアムが今年の秋で閉館

スヌーピーミュージアムでオリジナルぬいぐるみを作りたい次回の開催予定は?こんにちはキューです。 私のインスタでハンドメイドで繋がってくださってるフォロワーさんの中に、スヌーピーの生地を使って作品...

 

どうぞよろしく〜

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください