ポケットティッシュカバーの一番簡単な作り方

こんにちはキューです。

昨日は小学生の子供たちがハンカチやポケットティッシュをどのように持ち歩いているのかについて書きますね。
合わせてミニティッシュケースの作り方もご紹介します。

スポンサーリンク

小学生の子供の服はポケットが小さいんです

昨日の記事も参照してください。

「小学生はポケットティッシュとハンカチをどのように持ち歩いてる?」

色々と着ていく服によっては、持ちづらいようです。

ポケットがない服の場合は移動ポケット、手提げ袋、ランドセルに入れる。

ポケットがあっても小さくて落ちやすいことも。

なのでなるべくハンカチは小さくてかさばらないもの、ポケットティッシュはビニール袋のままだとするりと落ちやすいので、かさばらない布製のポケットティッシュカバーに入れるのがいいんです。

かさばらないハンカチの記事はこちら

小さいポケットにあうポケットティッシュカバーは?

小さいポケットには小さいミニサイズのポケットティッシュです。

しかもポケットに入れるのでかさばらないことが大事!

ポケットティッシュカバーのメリット

  • 街で配られている、宣伝用のポケットティッシュでも隠れるので恥ずかしくない。
  • ポケットの中でぐちゃぐちゃになりにくい
  • ポケットから滑り落ちにくい

ポケットティッシュカバーの一番簡単な作り方

ということで、今日はミシンがあるなら誰でもできる、一番簡単なポケットティッシュカバー(ケース)の作り方をご紹介しようと思います。

これは小学生のポケットに合わせてミニサイズのポケットティッシュのサイズになりますので、大きなポケットティッシュカバーの場合はサイズを大きくして同じ要領で作ってください。

材料

  • 20cm×13cmの生地 オックス、ツイル、綿麻混などブロードよりも少し厚手の生地がオススメです。
  • ジグザグ縫い(wwwww)が出来るミシンとミシン糸

以上です。端切れでいくらでも大量生産できますよ。作り方もすごーく簡単です。

作り方

  1. 生地を20cm×13cmに裁断します
  2. 周りをぐるっと一周ジグザグミシン(ロックミシンでももちろん可)をかけます
  3. 13cmの辺を3cm中表に折ります。反対側も折ります。これはティッシュの取り出し口になります。
  4. 3の取り出し口を2mmで押さえミシンをかけます。
  5. さらに布の中心にティッシュがくるように、中表に折ります。
  6. ティッシュの取り出し口は3mm程度どちらが重なるようにします。
  7. 待ち針で止めて端を7mmの縫い代で縫います。反対側も同様に。
  8. 表に返して出来上がり。

スポンサーリンク

まとめ

ジグザグミシンはかけますが、この方法が一番使う布の量が少なく、簡単にできます。

材料費もあまりかかりませんので、バザーやプレゼントにもオススメです。

ポケットティッシュはカバーに入れてないと最後まで使い切るまでにクチャクチャになってしまう事が多いので是非簡単なこのカバーを作って持たせてあげて下さいね。

今日もhandmadebycue.comをご覧になって下さりありがとうございます。

次回もお楽しみに〜

キュー

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。