お手玉の作り方(座布団型)中身は?生地はソレイアードで南仏風?

こんにちはキューです。

前回の昔遊びのすすめ記事の第二弾で本日は色々なお手玉をご紹介します。

お手玉、やるのは楽しいけど結構難しいですよね。

上手な方はそれだけで尊敬です。

まずは2つを両手で交互に投げます、上級者は3つのお手玉をくるくるくるくる  〜O

片手で出来る方もいますよね。

3つセットが必須ですね。

そして、お手玉の形も中身も色々あります。

お手玉は簡単に手作りで出来ますので、ぜひ今回ご紹介する作り方で気にいた形がありましたら、作ってみて、お子様と一緒に童心に帰って挑戦してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

それではまずは、もう少しお手玉について調べていきたいと思います。

その後には作り方と中身をご紹介しますね。

お手玉の起源は?

欧州の遊牧民が袋に粒状の物を入れて遊んだのが始まりと言われている。また、お手玉らしき物を投げて遊ぶ女性が描かれた古代エジプトの洞窟壁画(約4000年前)が残っているが、そうではなく、パンもしくは奇術の類ではないかという指摘もある(奇術#奇術の歴史を参照)。

日本では、奈良時代に中国から伝わり、当時は手ごろな大きさの小石や水晶を利用したことから石名取玉と呼ばれていた。実際に聖徳太子が遊んだとされる水晶も発見されている。現代のお手玉は、江戸時代から明治初期にかけて多く作られた。歌川広重による江戸後期の浮世絵『風流おさな遊び』にも、女児が遊ぶ姿が描かれている。

出典:wikipedia  https://ja.wikipedia.org/wiki/お手玉

単純な遊びですから大昔から世界各国で似たような遊びはあったでしょうね。

でも、意外と難しいこの遊び。

なんと聖徳太子は水晶を投げて遊んだんですって!天才だから出来るのかしら?

落としたら割れちゃいますので、私が投げたら速攻で、、、投げられませんね(^-^;)

江戸時代の小さな女の子がわらべ歌を歌いながら遊んでいる姿が目に浮かびます。

西洋ではジャグリングとして発展、

日本ではわらべうたを歌いながらおばあちゃんから継承するものとして伝えられてきてますね。

どちらかというとジャグリングは男の子が好きそうで、

お手玉の方は女の子がやっているイメージという違いがありますね。

立っているか座っているかの違いかもしれません。

次に現代の色々な形や中身のお手玉を調べていきたいと思います。

お手玉の形は色々

お手玉の形を何種類知ってますか?

お手玉の形

伝統的なお手玉

  • 座布団型お手玉
  • まくら型お手玉
  • 俵型お手玉
  • かます型お手玉

この四種類がもっともよくみられるものです。

他には

民芸品のお人形の形など

野菜型や、動物型などの創作お手玉など様々なものがあります。

我が家にあるお手玉は小ナスのような形のお手玉ですので、野菜型だと思います。

お手玉の中身は?

お手玉の中身で有名なものはやはり 小豆(あずき)ではないでしょうか?

手に入りやすく、長持ちします。

他にも

丸大豆、そば米、とうもろこし、茶の実、大賀はす、数珠玉、貝殻、フクビ、プラスチック製ペレット、サイコロ状の木、真珠の核、蓮の実などが使われることがあります。

なんとBB弾でも良いそうです。

我が家にあるお手玉はお土産でいただいたもので、蓮の実が入っています。

あずきとはまた違う触り心地で、チャリ!チャリ!とした心地が良い音で、気に入ってます。

私が子供の頃には近所の空き地に数珠玉の雑草がよく生えていたので、採ってきて母にお手玉を作ってもらったり、おままごとに使ったりしましたけど、最近はあまりみなくなりました。

お手玉の中に入れるものによっては虫が湧くものもありますので注意が必要です。

あずきはから炒りするか、電子レンジで30秒ほど様子をみて加熱すると虫予防になります。

それと、触り心地や重さも重要になります。

中身は違っても基本の重さはどれも40g。

中身のおすすめは手に入れやすさと、遊びやすさから小豆(あずき)が良いのではないでしょうか?

最近は重みのあるお手玉の中身用のペレットも市販されています。

中身によって遊びやすさは変わってくるようです、私は一番あずきのバランスが遊びやすいです。

それではお手玉の作り方を紹介します。

スポンサーリンク

お手玉の作り方 How to make otedama?

今回紹介しますお手玉の形は、見た目が可愛い座布団型をご紹介いたします。

この形は4枚はぎなので単色または二色、四色とお好みの布の組み合わせで作ってください。

それでは材料から説明していきます。

座布団型お手玉の材料

布はちりめんや友禅染など着物の布だと、昔ながらの和風に仕上がります。

今回私は、あえて洋風にソレイアードの布を使ってみました。

ソレイアード | SOULEIADOとは

プロヴァンス地方の古い言葉で「雨上がりの雲の間から射し込む陽の光」を意味するソレイアード。

200年以上の歴史を持つプロヴァンスのテキスタイルを用いたウエアや雑貨を販売

出典:http://souleiado.info/ ソレイアード | SOULEIADO

ソレイアードの生地はカットクロスで販売してます。

約55cm×25cm 綿100% 定価239円+税

紺色の生地はブロード生地です。

・9cm×4.5cmの布を4枚 縫い代も含まれます。

・手縫い糸

・手縫い針

座布団型お手玉の作り方

初めて作るときには

あれ?どことどこだっけ?

となると思いますが、一度作ってみると案外簡単。

今回は手縫いで作りましたが、慣れてくればミシンでも出来ます。

1、9cm×4.5cmの布を4枚用意します。お好みで布の柄は組み合わせてください。

2、縫い代5mmのところと中心にチャコペンで印を付けます。

拡大

3、上の画像を参考にA〜Kまでを一辺ずつ縫い合わせていきます。

二つのパーツをまずは作ります。

二つを合わせます。柄が互い違いになるようにします。ここが少しややこしいです。

4、一ヶ所返し口を開けて出来上がるとこんな形に。

5、返し口から、表に返します。

6、あずきまたはペレットを40g測って入れます。(計りがない場合はあずきだと大さじ3弱でした。)

7、あずきを返し口から入れたら、

コの字縫い(コの字綴じ)で縫い閉じます。

最後の玉止めをした後に、一度布を少しすくってからハサミで切ると、余分な糸が中に入って目立ちません。ワンポイントアドバイスです。

完成、座布団型お手玉の出来上がり〜

まとめ

2歳くらいの小さな子からおじいちゃんおばあちゃんまで、みんなが楽しめるお手玉、名人に習って負けずと頑張ろうとする子供の姿もいいです。

お手玉はなんと!心を落ち着かせてくれる効果もあるそうです。

私には必要そうです(^-^;)なのでこれを機に練習していこうかなと思いました。

少しのハギレとスーパーで売ってるあずきで簡単に出来ますので、ぜひ作ってご家族で遊んでみられてはいかがでしょう?

前回のあやとりの記事もどうぞよろしくお願いします。

こんにちはキューです。 この記事を書いている2018年1月22日の東京は記録的な大雪です。 やっと冬がきたという感じですが、通勤通学の方は大変ですね。 小股でチョコチョコがいいそうですよ。 マンホールの上は滑りますの...

今日はhandmadebycueを最後まで読んでくださいましてありがとうございました。

Thank you!

スポンサーリンク

SNSフォローお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。