巾着の紐の先に付けるかわいい飾りの色々な作り方とアイデア

こんにちはキューです。

先日から色々な巾着袋を紹介してますが、今日は巾着袋の紐の先に注目してみようと思います。

巾着袋などの紐の先に丸い玉のようなものが付いているのをみたことがありませんでしょうか?

この名前と、役目、そしてこれに代わるかわいい飾りの色々と作り方をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

巾着の紐の先の丸い玉ってなんて言う名前?

巾着袋の紐の先に付いている丸い玉の名前知ってますか?

ビーズのような、紐の先の玉です。

ループエンドって言います。直訳すると「輪の終わり」ですね。

そんな日本語ないけど。

巾着の紐は輪にして結びますからね〜ふむふむ

ループエンドの種類

素材は一般的なプラスチックのものから金属製、木製とあります。

上の画像の一番左はループエンドではなくコードストッパーと言います、紐のアジャスターになり、紐を絞る時に使います。

また、玉型のループエンドの他に金属の管を潰してパーカー(今時の言い方だとフーディー?)の先のようにするものもあります。

ループエンドの使い方

穴は左右で大きさが違いますので、小さな穴の方から通して出てきた紐を玉結びします。

飛び出てしまった紐の部分は切り落とします。

ループエンドの選び方

紐の太さが丁度入るくらいの穴の大きさ(π)です。

大きすぎると抜けてしまいますし、小さすぎれば紐が通りません。

素材は布の雰囲気などで選べばいいと思います。

和風の柄なら木製、子供用ならプラスチック、洋風なら金属製と言う具合に。

ループエンドの役目は?なんで付いてるの?

ループエンドの役目とメリット

  • 紐の玉結びが取れにくくする
  • 見た目をよくする
  • 力が入りやすいので、紐を引っ張りやすくなる

ループエンドのデメリット

  • お弁当の袋や幼稚園のコップ袋などの巾着の場合、頻繁に洗濯機で洗うので、カラカラと洗う音がうるさい。
  • なんとなく邪魔
  • デザインが好みではない
  • 2個で100円くらいするので割高感がある

などでしょうか。

ここまで説明しておいて何ですが、実は私はあまり好みではないのであまり使いません。

その代わりに巾着のデザインによっては布で作ったものを付けることにしてます。

先日作った、『ころんと四角い巾着袋を手縫いで丁寧に作る方法』でも共布で作りました。

こんにちはキューです。 寒い季節には、編み物やパッチワークなどこたつでのんびりチクチク出来る手芸がいいですね。 巾着袋を手縫いで作られて見てはいかがでしょうか? 色々とある巾着袋の作り方ですが、 今回...

とっても作り方は簡単で材料費もかかりませんのでオススメです。

ではいくつか作り方を紹介しますね。

ループエンドの代わりに布製のかわいい飾り、色々な種類

布製の飾りを付けることによって、ただ結ぶだけで味気ないものが一気に素敵になります。

大人っぽいものから、子供らしくかわいいものまで色々とありますので、巾着袋に合わせてお好みの飾りを作って付けてみてはいかがでしょうか?

種類は色々

ポンポン丸い玉の飾り

丸く切った布の周りを一折りしてから、ぐし縫い(なみ縫い)して、綿を適量詰めて絞り、玉止めした紐を納める方法です。

ふんわりとした玉がとてもかわいいです。和風の巾着でもよく使われます。

チューリップ型

先がチューリップの用な形をしてます、女の子らしい形で、これも和風の布にもよく合います。

ブロードで作るチューリップ

フエルトで作るチューリップ

ポリサテンで作るチューリップ

同じチューリップ型でも素材が違うと雰囲気が違いますね。

魚の尾の形

魚の尾、またはハート型のような形

作り方はこちら

こんにちはキューです。 巾着袋を手作りされる方は多いと思いますが、紐の先はどのようにしてますでしょうか? 紐の先の飾りのことをループエンドと言います。 このループエンドをつけることによって、ただ結ぶだけより、とても...

ただの四角

これは簡単なのに意外とかわいいです、お弁当袋や男の子用にオススメです。

鈴入り

鈴入りはチューリップの中に鈴を仕込みます、少し余裕がある大きさに入れた方が鈴がなります。

布の中に入っている為、鈴がうるさくなくって心地よい音です。

フエルトをボンドで付けただけ

フエルトを手芸用のボンド、または裁ほう上手(アイロンで接着できるボンド)でくっつけただけです。

フエルトをブランケットステッチ

これもフエルトをチューリップの形など好きな形に切り、紐を挟んだらブランケットステッチをして閉じます。

幼稚園のお子さんのコップ袋などにオススメです。

スポンサーリンク

基本的なチューリップ飾りの作り方

太さや素材、大きさ、長さなどを巾着のイメージに合わせて変えて作ってください。

共布ではなく、差し色にしてもかわいいですね。

作り方

布を正方形、または長方形に切ります。紐の太さや好みでサイズは調節してみてください。

サテンのチューリップの場合で説明いたします。

最初はサテンよりもブロードかシーチングの方がやりやすいと思います。

このサテンチューリップの作り方は、赤と白の水玉模様のポリサテンの布で作ります。

7×7cmの正方形に切ります。

半分に折り、縫います。ミシンでも手縫いでもお好きな方法で構いません。

アイロンで割ります。

半分だけ表に返します。

そこに紐を通して縫い付けます。

布をひっくり返します。

手縫い糸と針で四ヶ所すくい抜いします。画像を参照してください。

絞るとチューリップの形になります。

内側で玉止めした後、針を中の方から出してハサミで糸を切ります。

出来上がり〜

まとめ

ただの無地の巾着袋を作ったとしても、この紐飾りがあればとても素敵なデザインに仕上がります。

簡単ですので、ぜひ作ってみてくださいね。

handmadebycue.comをみてくださってありがとうございます。

風邪などに気をつけてお過ごしくださいね。

see you!

スポンサーリンク

SNSフォローお願いします

コメント

  1. 山野 より:

    魚の尾の形のループエンドの作り方が知りたいです

    • cue より:

      山野様 こんばんは、初めまして。
      ご覧いただきありがとうございます。
      魚の尻尾のようなループエンドの作り方ですね。
      チューリップ飾りの作り方は四つ方向から糸で引っ張りとじますが、魚型は二箇所だけとじただけなのですが、気持ち下に寄せてとじるんです。
      言葉だけではわかりずらいですね、、、すみません。
      早急に詳しい作り方を追記したいと思います。
      少々お待ちください。^^

    • cue より:

      山野様 この度はリクエストありがとうございました。
      魚の尾の形のループエンドの詳しい作り方をUPいたしました。
      https://handmadebycue.com/loop_end_fish/
      参考になれば幸いです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。