入園準備

コップ袋の作り方、一番簡単で一番乾きやすい!幼稚園入園準備に(動画あり)

こんにちはハンドメイドブロガーのキューです。

幼稚園、保育園が決まったら入園準備ですね。

通園バッグ、手提げ袋、上履き袋、お弁当袋、ランチョンマット など色々あります。

入園までの間に少しずつ準備していきましょう。

本日はとっても簡単なコップ袋の作り方をご紹介いたします。

YouTube動画もありますので合わせてご覧ください。

コップ袋とは

コップ袋とコップと歯ブラシの写真

幼稚園や保育園で使う、プラスチックのコップを持っていく為に使う巾着袋です。
コップは上の写真のようなものではなく、持ち手がついているものが多いですね。

コップはお弁当や給食をいただく時に麦茶などを入れてもらったり、食後の歯磨きや、うがい時に使います。

衛生的に使うために毎日持ち帰って洗濯をしたいですね。

衛生的に毎日洗濯して、新しいものと替えてあげましょう。

なので、数枚予備があると洗濯が間に合わなくても安心です。

でも、本日ご紹介するコップ袋の作り方は、とっても洗濯でも乾きやすく、アイロンをかけるのも楽なのでおすすめです。

毎日使うものですので、是非数枚は作ってあげたいところです、

本日ご紹介するコップ袋の作り方はとっても簡単です。

コップ袋の仕様と材料費と制作時間

実際に作ってみて、毎日使ってみて、結果こんな感じがよかったなというところです。

仕様

  • 裏布なし
  • 隠しマチ ※1
  • 一本片側紐
  • 薄手の布
  • アイロンがかけやすい
  • 乾きやすい
  • 洗濯しやすい

※1 隠しマチは折りマチとも呼ばれ、一見マチがあるように見えないのですが、中で布を折り上げて縫ってあり、表からは隠れているので隠しマチとも呼ばれます。

畳んだ時には平らで、アイロンがかけやすくかさばらなくて、しかも袋を広げると底が楕円形の形になるのでコップを入れると収まりが良くコップ袋には最適です。

こちらのストライプの生地は先染めの薄手の生地ですのでとても乾きが早いです。

一番大事なのはまだ小さい、不器用な手で簡単に開けられて、コップや歯ブラシの出し入れが簡単なもの。

2つ紐の場合、少し濡れたりすると、きつくなりすぎてしまうことがあります。

そして、隠しマチは平らになるのでアイロンがかけやすく、余分な布がないので乾きも早いのです。

コップや歯ブラシを入れて行くものなので清潔が大事ですね。

ただし、キャラクターものの生地の多くは、オックスフォード生地なのでもう少し厚手になります。

でも、アイロンもかけられますし、それほど乾きにくくもありませんので大丈夫ですよ。

材料費

110cm幅の生地で安いものだと10cm単位で80円くらいからあります。

20cm必要なので160円、そしてカラーコード(紐)が必要です。

紐はセリアやダイソーなどの100均でも購入できます。

1個作るのに必要な生地は52cm×19cmなので110cm生地だと2個作れます。

実質一つあたり130円

キャラクター生地の場合はもう少し高くなります。

出来ればお子様の好みの布で作ってあげたいですよね。

生地の値段にもよりますが、既製品の半分以下の材料費で出来ます。

小さなお子様はやはりキャラクター物は好きですよね。

キャラクターものの既製品のコップ袋は一つ300円〜600円もします。

一つくらいは既製品を買ってあげたとしても、何枚もだとかなりの出費ですよね。

なので作ってしまいましょう!

制作時間

作り始めちゃえば早いものです。

1時間以内にまとめて数枚出来上がります。

四角く切って、ジグザグミシンして、脇を縫って、紐を通すところを作るだけです。

この後にサイズなどをご紹介しますので、その通りに作ればあっという間に簡単!

ただし、キャラクターものの場合は裁断に気をつけてください。

キャラクターが逆さまになってしまうことがあります。

その場合はどこかで接いで作らなければなりません。

コップ袋の作り方

まずは生地の選び方ですが、洗いやすくて、乾きやすいものを選びます。

この見本に作った生地は先染めストライプという商品名でしたので、ブロードやシーチングに近いものです。

材料

  • 生地(52cm×19cm)
  • 紐(カラーコード、巾着紐)
  • その他、ミシンやミシン糸やハサミ、チャコペンなど

生地

1個作るのに必要な生地は52cm×19cmです。(接ぎがない場合)

ブロード生地は一般的に110cm幅の生地が多いので、これを20cm買うとコップ袋が2個作れることになります。

横に裁断できないデザインの場合は52cm必要ですが、5個は作れます。

他に巾着を絞る紐が必要です。これは100均での購入で充分です。

1個作るのに必要な紐は45cmです。

100均の紐でも3〜4mくらいあるのでたくさん取れますね。

それでは材料などの準備ができましたら、作っていきましょう。

作り方

  1. まずは生地を裁断します。
    52cm×19cm
  2. ネームタグを付ける場合は最初に付けておきます。
  3. 脇になる52cmの辺にジグザグミシンをかけてほつれないようにします。
  4. 52cmの辺を半分に折ります。
  5. さらに下から4cmを上に折ります。
  6. アイロンをかけ、マチ針で止めて脇を縫います。
    縫い代は1cmです。
    この時、片側だけ上から6.5cmは縫わずに開けておきます。ここは紐を通すところになります。
    最初と最後は返し縫いをします。
  7. アイロンで縫い代を倒します。

    6.5cm開けたところだけは左右に割ります。
  8. 紐を通すところをコの字に縫います。
  9. 袋口の上から1cmをアイロンで折ります。
  10. さらに2cm折ります。
  11. 三つ折りになりましたら、マチ針で止めてから、2mmくらいのところを縫います。最初と最後は返し縫いをしてください。
  12. 表に返して、紐通しで紐を通します。
  13. 完成


    上から覗くと底のマチがあります。

作り方の動画もありますので合わせてご覧ください。

作り方の動画YouTube動画です。

handmadebycue.comのYouTube動画になります。

是非チャンネル登録していただけると嬉しいです♪

おしまいに

今回ご紹介したのは、お裁縫初心者さんでも出来る、簡単なコップ袋です。

幼稚園や保育園のコップ袋は洗い替えに何個も作ってみて下さい。

小学校に上がってからの給食ナフキン用の巾着袋にもなりますよ。

Thank you 🙂

幼稚園と小学校の上履き入れの違いは?サイズや作り方(動画あり)こんにちは、子育てに役立つハンドメイドブロガーのキューです。 入学準備の手作りグッズ作りのお役に立てればと思います。 小学校に持って行...