小学5年生の家庭科で使う裁縫セットのおすすめは?

こんにちはキューです。

小学校5年生になると、家庭科の授業が始まります。

特に女の子にとっては楽しみにしていた教科ではないでしょうか?

そこで、お裁縫道具のセットが必要になりますね、最近はとってもかわいいバッグ型のお裁縫セットや、キャラクター物などバリエーションが豊富です。

しかし果たして使い勝手はどうなのでしょうか?

どのようなものが人気なのか?

使い勝手はどうなのかを調べましたのでご紹介いたします。

スポンサーリンク

お裁縫セットの中身、絶対に必要な物は?

いろんな裁縫セットが販売されていますが、中身は一緒ではありません。

では絶対にこれだけは入っていないとダメ!と言うものは何でしょう?

家庭科の授業で絶対に必要な裁縫道具

基本の裁縫道具のセット内容です。

これらは、どちらの裁縫道具セットにもほとんど入ってます。

・裁ちばさみ

・糸切りばさみ

・手縫い糸(白、黒)

・手縫い針

・待ち針

・指ぬき

・メジャー

・針山、またはそれに替るもの

・ミシン針(普通地用)

・ボビン

・チャコペンのピンクと青(これだけは元からは入ってないこともあります)

裁縫道具であったほうが便利な物

大抵の裁縫道具セットには入っていますが、コンパクトセットには入ってないこともあります。

・リッパー(基本セットに入っていることが多いです)

・糸通し(基本セットに入っていることが多いです)

・紐通し(基本セットに入っていることが多いです)

・手縫い糸(基本の色以外)

・ミシン糸(学校で用意されている物を使うこともあります)

・20cm物差し

・刺繍糸(学校から必要だと言われてからでもOK)

・刺繍針(学校から必要だと言われてからでもOK)

・ルレット

この他に

なくても良いが、練習用の布がセットされているものもあります。

以上が裁縫道具セットの中身のご紹介でした。

では、どのように選べば良いのでしょうか?

小学校で使う裁縫セット(裁縫道具)の選び方

小学校4年生の終わりころに小学校からのお知らせで、

「5年生になると、家庭科の授業が始まります、お裁縫セットを用意してください。」

とお手紙がきます。

一緒に学校でまとめて購入できる申込書とカタログも配布される小学校が多いです

それを持ち帰ってママがみんな思うこと、多分皆さん同じことを言われると思います。

「え〜!今時の裁縫セットってこんな感じなんだ〜?」

だと思います。

女の子用のデザインは、お出かけの時に持っていけそうなくらい、おしゃれなバッグです。

amazon

こちらはアマゾンで販売しているもので、イメージです。

そこで、小学校で購入する?

それともネットや手芸洋品店で購入する?

と悩まれる方もいらっしゃると思います。

理由は、ママたちの子供の頃に使っていたものと全く違うので、使いやすいの?

このデザインでいいの?

ですね。

私の子供の頃に持っていたものは学校で購入したものでしたが、

白っぽい箱で、和風の鞠の絵柄のものでした。

かなり古い?^ ^

これを高校までは使ってましたね。

ということで、今時の小学校で購入するものと市販の物を色々と比べてみます。

小学校で購入する裁縫道具は?

多くの小学校で使われている教材は、

はくぶん、文溪堂など、

小学校で使う教材を専門に作られている会社が販売してます。

彫刻刀、習字セット、朝顔栽培、絵の具セットなどがそうです。

ハクブン

出典:ハクブン http://www.hakubun.co.jp/products/146.html

文溪堂

出典:株式会社 文溪堂http://www.bunkei.co.jp/katei/sawing01.html

文溪堂の会社のHPにて2018年デジタルカタログがご覧になれます。

http://www.bunkei.co.jp/katei/sawing01.html

さすが、小学生用の教材を専門に作られているので、使いやすく、考えられて作られてますので、内容としてはおすすめですよ。

かなりコンパクトに出来ています。

針も針山ではなく、1本1本収納する場所が決まっているので、失くしにくいようになってます。

もちろんハサミは日本製(貝印)ですので安心で、糸切りバサミも小学生のお子さんが使いやすいようなデザインになってます。

ハサミは左利き用を注文することも出来ます。

お悩みポイントは、お好みのデザインがあるか?

という事と箱型じゃなくてもいいの?

という事ですね。

箱型の方が、制作途中の材料を置いておくのに便利ですが、重たい割れる可能性があるという点がありますね。

小学校で指定ではない限り、この辺りは市販の物を選ぶか、学校での購入を選ぶかはお好みになります。

値段はどちらもそれほど変わりません。物によっては市販のものの方が高い場合もあります。

では、市販の裁縫セットをみていきましょう。

市販の裁縫セット

選ぶポイントは、ハサミが日本製という事と、基本のセットがきちんと入っているか?

デザインがお子様の好みか?

箱型が欲しい。

だと思います。

どちらもとってもよく出来ているものを集めてみました。

バッグは付いていませんが、とっても使いやすそうでおすすめ

一通り揃っていて、ランドセルにも入る大きさ!

値段もお手頃で、裁ちばさみと糸切りばさみは安心の日本製。

デザインもシンプルなので大人になるまで使えます。

こちらはお裁縫セットだけではなく、ランドセルカバーから手提げ袋などの袋物など、小学校で必要なカバン類が揃っているお店で有名な『COLORFUL CANDY STYLE』さん

少しお値段はお高いのですが、柄が豊富なので男の子も女の子もお子様の好みで揃えられるのでおすすめです。

昔ながらのシンプルな箱型のお裁縫セットに、黒地にクラウンのデザインが素敵ですね。

高学年の女の子には少しかっこいいものがお好みの子もいそうですね。

蓋の留め具が付いてないのでゴムバンドで押さえるか、ぴったりの手提げ袋が必要ですね。

デザインには特にこだわりがないと言う男の子にはこれ!

お値段も安くて一通り揃ってます。

シンプルだけど女の子が好きそうなジュエルケースの様なデザインで、

日本製の裁ちバサミ入り

主人公のジャッキーがとってもかわいい♪

くまのがっこうの絵本はご存知でしょうか?

人気のこのキャラクターのバッグに入ったソーイングセット

可愛さで選ぶならおすすめです。

こちらもくまのがっこうです、かわいいのですが、裁ちバサミが中国製でした。

くまのがっこうシリーズは小学生用と言うよりは、大人の方で「コンパクトなソーイングセットが欲しいな」って方におすすめですね。

かわいいものが多くて迷ってしまいますね。

スポンサーリンク

まとめ

以上、色々と小学校で使う裁縫セットを集めてみましたがお好みの裁縫セットは見つかりましたでしょうか?

ちなみに我が家の長女は、学校購入を悩んでいるうちに申し込みの期日がすぎてしまい、結局箱型を手芸屋さんにて買いました。^ ^;

少しお値段が高かったです。

amazonでも見つけましたが、残り少ないです。

結果、シンプルでお友達と被らないところが良いそうです。

昔ながらの形で、中が二段になっています。

想像よりもだいぶ軽く出来てます。

作りかけの小さい作品や、パーツを下の段に収納したりしましたよね。

スケルトンなところが今時ですけど。

糸切りバサミにカバーが付いていなかったので、革でカバーを作ってあげました。

さらに、箱が開かないようにゴムバンドもつけてます。

近々専用のカバンを作ってあげようかなと思います。

また、仕上がりましたら追記しますね。

最後まで、ご覧いただきありがとうございます。

このブログでは子育てとハンドメイドをテーマにして、記事を書いてます。

どうぞよろしくお願いいたします。

Thank you!

スポンサーリンク

SNSフォローお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。