ポニーテールによく似合うリボンヘアゴムの作り方、簡単かわいい

こんにちはキューです。

我が家の娘たちは、ほぼ毎日ポニーテールです。

なのでヘアゴムが欠かせません。

今日はリボンの形のヘアゴムを作りましたのでご紹介したいと思います。

かわいいカットクロスやハギレがあれば簡単に出来ますのでよかったら作ってみてください。

ではまずは材料の説明、そして裁断と縫製を順番にご紹介していきます。

スポンサーリンク

リボンヘアゴムの作り方

今回はリボンのしなやかさを出したかったのと、作りやすいのでブロード生地にしました。

材料と道具

材料

・ブロード生地 55cm×11cm (本体と帯を含む)

・薄手の接着芯 55cm×11cm

・ヘアゴム 22~24cm (好みの長さに切って結ぶタイプ)

道具

・目打ち

・手縫い糸と針

・ミシン

・アイロン

・チャコペン

・定規

・ハサミ

裁断

アイロンで接着芯を貼ってから裁断します。

接着芯を貼る時はアイロンを動かさないようにします。当て布(オーブンシートでもOK)をします。

ミシンで縫うまで、角は裁断しなくてOKです。

本体)50cm×11cm

(帯) 8cm×5cm

作り方

1、ブロード生地にアイロンで接着芯を貼ります。

2、裁断します。

まずは本体を作ります。

3、画像のように半分に中表で折ります。

拡大

4、上の画像を参照してチャコペンで縫う所に線を引きます。

5、待ち針でとめて、真ん中に返し口を開けてミシンで縫います。始めと終わりは返し縫いをしてください。

6、ハサミで余分な部分をカットします。

表に返したときに角が縫い代でもたつかないように切りますが、切りすぎも注意です。

7、アイロンで縫い代を倒します。

8、表に返します。

中からチャコペンなどで押してみて、角がまだ出きらないと思いますので、表から目打ちで慎重に出します。この時、布を切らないように気をつけてください。

9、アイロンで整えます。少し裏側になる方を控えてください。

10、返し口を手縫いでとじます。なるべく糸が見えなくなるようにコの字縫いにします。

すみません、コの字縫いの詳しい縫い方は後日追記します。

11、裏になる方を上にして真ん中と両側に5.5cmづつのところに印をチャコペンで描いてください。

12、5.5cmのところが角になるように両端をクロスします。

13、手縫い糸(二本どり)で重なった中心を縫います。

14、裏返して表側にします。

15、両手で上の方からジャバラにたぐり寄せて、リボンの形をきれいに整えます。

16、先ほどの中心を縫った糸で、ジャバラ部分を刺してから、ぐるぐるぐると巻き、最後にもう一度刺して玉結びをします。

17、ゴムの先に針で糸を通して、ぐるぐる巻いた糸の間に入れ込みます。

硬く結んで余分な部分は切り落として見えないところまで引っ張ってしまってください。

次に帯の部分を作ります。

19、5cmの辺を5mmほど折ってから、横半分に外表で折ります。

18、縫い代7mmで縫います。

19、縫い代が中心にくるようにアイロンで割ります。

20、本体の裏側から手縫いで付けていきます。

リボンを裏にして、真ん中に縫い付けます。

21、帯を巻いてリボンの後ろ側で縫って出来上がりです。

作るときのポイント

ポニーテールをする時にはヘアゴムは太めの方が使いやすいですね。

細いと少し弱いと思います。

100円ショップの太い黒か茶色のヘアゴムを切って結んで使用してます。

リボンの端の細いところをきれいに出すのにコツがいります。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか?

リボンがとてもバランスよく可愛く仕上がったと思います。

記事の色柄で雰囲気が変わりますのでお子様のお好みの生地でぜひ作ってあげてください。

バザーの出品にもおすすめです。

ポニーテールが似合う頭の形が羨ましいです。

私は絶壁なのでなんか似合わないんですよね、、、(^-^;)

形が違うキュートなリボンヘアゴムもあります。

こんにちはキューです。 今日は幼稚園のバザーやお友達の女の子へのプチギフトとして喜ばれる、簡単なリボン型ヘアゴムの作り方を紹介します。 色々なサイズで試行錯誤しながらベストな形を考え、型紙にしてみました。 制作時間30分く...

最後までご覧いただきありがとうございます。

よろしければpinterestのpinもご協力お願いいたします。

pinterestとは

THANK YOU!

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。