大人がすっきり見える服のVネックブラウスは着痩せするのでおすすめ

こんにちはキューです。

本日は、着痩せが気になる年齢の私にも、似合う洋服の作り方が載っているムック本

『大人がすっきり見える服』の中から、Vネックのブラウスを作りましたので、作ってみての感想と、

実際ににあったのかを検証、そして作る上での注意する点や、コツなどをご紹介いたします。

スポンサーリンク

大人がすっきり見える服とは?

『大人がすっきり見える服』は

2017年6月29日に日本ヴォーグ社より出版されました。

表紙のデザインもシンプルで素敵。

掲載されている服のデザインもシンプルミニマムで、モノトーンが多く、すっきり見えるのに、体にフィットしすぎていないのでアラフォーの私にも着れそうな服ばかりでした。

Vネックブラウスを作りました

縫製だけなら半日もあれば、仕上がりました。

しかし、一見簡単そうなデザインなのですが、

衿と袖の部分は意外と細かい作業でした。

お洋服を作るのが得意な方には簡単かもしれませんが、とっても簡単!とまでは言えないかもしれませんね。

難易度★★★☆☆ まぁまぁ難しいってところです。

ブラウスを作り慣れていて、衿付けなどが得意な方には簡単です。

初めてのパターンの型紙を裁断縫製するのは結構頭も使います(^-^;)

一度作ってしまえば同じものを作るのにはそれほど時間はかかりませんね。

出来上がって着てみての感想は最後のまとめで^ ^

縫製のポイント

順を追ってポイントを説明しますが、書籍に詳しい画像などが乗ってますので詳しい作り方はそちらをご覧ください。

1、型紙の準備

前日に型紙をおこしてますので、そちらの記事をご覧ください。

『大人がすっきり見える服』でブラウス作り。

2、衿の伸び止めテープ

衿(えり)がVでバイアスになるので伸び止めテープが必要です。

うちに用意がなかったので薄手の接着芯をバイアスにならないように斜めにして使いました。

3、ダーツとノッチ

ダーツは脇の方からスタート

ノッチとは合わせる場所やダーツの場所などの目安にするための切り込みです。

4、衿と見返し

仕上がりが良いように見返しはロックミシンで処理ではなく内側に折って仕上げてますので、この点が大変です。

細かく待ち針をうち、丁寧に仕上げれば仕上がりは心配することなく出来上がります。

ポイントはひと針ひと針丁寧に!

5、Vネック

縫い目のギリギリまで切り込みを入れて裏返します。

ここは一番目立つところですので丁寧にステッチをつけてください。

6、袖の見返し

脇から袖にかけてが複雑です。

説明をみても最初はなんのことやらと思いましたが(^-^;)

画像の形になれば大丈夫。

裏側(見返し)です。

縫い上がったところはこんな感じです。

見返しのキワを縫います。

7、裾を縫う

もうここまでくればホッとします、もう少し!

三つ折りで仕上げます。

出来上がり!

スポンサーリンク

まとめ

さっそく着てみました。

ちなみにあまり大きな声では言えませんが(^-^;)

私は無印のTシャツはXLを来てますので今回はLLで作りました。

ぴったり!

しかもも黒で作ったので締まって見えて、腕もいい感じに二の腕をかくしてくれて、脇が見えないのにまったくきつくなく、着痩せ効果もバッチリ最高です!!!

こんな既製品にであえることなかなかないかも〜!

このかたちはかなりオススメですね。

ネイビーなどの色違いでもっと作りたいと思います。

追記、ひと夏着てみました、これを着てるとあれ?痩せた?と何度か言われましたので、痩せて見えるようです。

しかも、お腹周りが気にならないし、ただのTシャツよりもキレイ目に見えます。

ぜひぜひ作ってみてください。^ ^

handmadebycue.com キュー

see you!

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。