ハロウィンガーランドの作り方は?手作りで子供と一緒に楽しもう!

こんにちはキューです。
今日は秋分の日の日曜日、子供たちと一緒にハロウィンのアイテムを作りました。

簡単に工作気分で出来る、ハロウィンガーランドの作り方を紹介したいと思います。

 

材料をそろえるのにオススメは?

100円均一ショップのダイソーです。

もうすでに店内はハロウィングッズでいっぱい。

目的の手芸コーナーでフエルトを探していると、

70cm×60cmの大きなフエルトがなんと100円

(100均だから当たり前ですけど、、、)

それにしてもびっくり!

ダイソーさんいつもお世話になってます、ありがとう。

でも、10月に入るとどんどん品薄になってしまいますので早い者勝ちです。

お家に帰ってさっそく作業開始。

まずはイラストレーターでHAPPY HALLOWEENの文字を作ってプリント

でもほとんどの方がイラストレーターなんて持ってないと思います、大丈夫安心してください。

今回頑張ってPDFファイルにしました。もちろん無料ですのでぜひプリントして使ってくださいね。

ではここから子供たちと一緒に工作スタートです。

HAPPY HALLOWEENガーランドの作り方

ハロウィンガーランドの材料って高くつかない?作り方は難しくない?って思われる方もいらっしゃると思いますが、本当に簡単に、しかも意外としっかりと出来ちゃんです。材料や作り方を順に紹介しますので、一つ一つ確認しながら作ってみてくださいね。

まずは材料から見ていきましょう。

ハロウィンガーランドの材料

  • フエルト お好きな色で(オレンジ、黒、紫がハロウィンぽいですね。)
  • チャコ (裁縫用のチョークです)黒のフエルトの場合はチャコがベストですが、他の色なら鉛筆でも大丈夫です
  • ハサミ
  • 毛糸
  • 裁ほう上手 (裁縫用のボンドです、グルーガンでももちろんOKです)
  • アイロン (グルーガンの場合は使いません)※裁ほう上手もグルーガンもなければ、木工用ボンドでも大丈夫です。
  • プリンター ない場合はコンビニでプリントできます
  • A4コピー用紙
  • HAPPY HALLOWEENの型紙プリントしたもの
  • クッキングシートか当て布

ハロウィンガーランドの作り方

ママが型紙をプリントしたら、お子さんがその型紙を線の通りに切っていくところから工作の始まりです。

型紙を用意

HAPPYHALLOWEENの文字がPDFファイルにしてあります

pdfは LOWEN HAPY の二枚です。

A4用紙をセットしてプリント

※H,A,P,L,Eの文字の型紙一つで2枚づつ作ってください。

作り方の手順

  1. 型紙を線のとおりにハサミで切る、AやPなどくりぬく部分はアドバイスしてあげてください。
  2. 切った型紙をフエルトの上に置き、周りをチャコでなぞる
  3. フエルトにチャコで書いた文字をハサミで切り取る

この後の作業でアイロンを使う裁ほう上手やグルーガンの場合、アイロンは火傷をしないようにママがしてあげてください。

木工用ボンドならお子様にも出来ますが、乾くまで1日くらいは動かさないようにしてください。

  1. HAPPY HALLOWEENの文字が逆さまにならないように気をつけて、フエルトに裁ほう上手を塗る
  2. 毛糸を置いて、クッキングシートを当て布にしてアイロンで付ける。(中温で20秒くらい)冷める前にあまり動かさないほうがいいのですが、気をつけながら次の文字へ
  3. 私はHAPPYとHALLOWEENの文字の二段にしましたが、お好みで作ってください。
  4. 壁に飾って出来上がり。壁に付ける時に、毛糸を軽く結んでから画鋲で貼ってます。無印良品画鋲がオススメ(細い針でできているので壁に穴の跡が残りづらいです。)

子供たちと一緒に作ってみて、まとめと感想

子供たちと楽しんで季節の行事の準備をするといいですね。多少ハサミで切るのがへたっぴでもそこは愛嬌です。

子供たちは自分で作ったという喜びが最高の遊びですね。

最近ではガーランドも100均で買えます、でも何をして休日過ごそうかな〜なんて思われたらぜひ一緒に工作をしてみてください。

どこかの施設に遊びに連れて行かなくても、子供ってこんなことで充分に楽しめるんですよね。

ママの手間は少し増えますが、思い出も増えます♪

 

応用でこのフエルトガーランドはHAPPY BIRTHDAYやMERRY X’MASもできますので、是非試してみてください。もしクリスマスの文字の型紙のリクエストがあれば作りますね。

おまけの黒猫バッグ

黒猫のフエルトバッグも同じ要領でつくりました。目は家にあった貝ボタンです。

このバッグ二枚とガーランドを作ってもまだ60×70cmのフエルトは使い切りませんでしたよ。

他にもコウモリやかぼちゃも作ってみようと思います。

100均あなどれませんね。質感も悪くないです。

それから、裁ほう上手ってアイロンをあてなきゃならないので少し手間なんですが、なんでもできちゃうので驚きです。

裁ほう上手については『アイロンだけで糸も針も使わないボンド、「裁ほう上手」は本当に使える?』記事を参考にしてください。


キューのブログをみてくれてありがとうございます。

ハンドメイド好きの仲間大募集です

よろしくお願いします。

handmadebycue.com キュー

see you! ハッピーハロウィーン♪

 

スポンサーリンク

 

SNSフォローお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。