ソーイング

暖かくて子簡単に出来る子供用ファーマフラーの作り方と型紙

fur_muffler11

寒い冬に大活躍!とっても簡単に出来る、子供用ファーマフラーの作り方をご紹介します。

プードルファー(カールマイヤーボア)を使うのでフワッフワ!柔らかい触り心地で、暖かく、クリスマスシーズンにぴったりのアイテムです。

サイズを大きくすれば大人用にも作れます。

子供用ファーマフラーの作り方

このマフラーは片方の穴にもう片方の先を差し込むだけの簡単な作りです。

小学生のお子さんのサイズですのでもっと小さいお子さんには縮小して作ってください。

もちろんお揃いでママ用には拡大でOKですが、新聞紙だと長さが足りないのでテープで新聞紙を足します。

型紙を作る専用のハトロン紙も一つあっても使えますよ。

製図・型紙を作る

fur_muffler17

新聞紙で型紙を作ります。画像を参照してください。

80cm×15cmで角は丸くします。

端から13cmのところから8cm切り込みを入れます。

作り方

1.型紙を切ります。

2.型紙を布の裏側に置いてマチ針で止め、同じ形を2枚切ります。

この時ファーやボアなどの起毛生地は毛羽がたくさん出ます。
これ結構大変なんです!
私は、掃除機とコロコロと空気清浄機を隣に置きます。しかもマスクもします。^^;

fur_muffler2

3.切り込みのところを2枚とも切ります。

4.マチ針で裏表に止めます。

fur_muffler8

5.ミシンの縫い幅の設定を標準より少し大きくして一周ぐるりと縫います。

fur_muffler10

6.切り込み部分から表に返します。

7.切り込み部分手縫いでかがります。

かがり方は、二枚重なっている生地の上の裏から針を入れて、次は下の生地の表を少しすくって、次は上の生地の表を少しすくう、これを繰り返します。

ゆるくかがって少し進んだら糸を引っ張るといいです。

わかりやすいように他の生地で説明します。

fur_muffler18
fur_muffler20

8.完成

fur_muffler13

ファーマフラー作りにおすすめの生地

ファーマフラーですのでフェイクファー素材を使います。

一口にファーと言っても色々なデザインがあります。

今回、使用した生地はカールマイヤーボアというものなのですが、残念ながらあまり見かけません。

日暮里の生地屋街のトマトなどに行くと見つかることもあります。

また、ユザワヤなどの生地屋さんに行くとハンパ物がワゴンで売っていることがありますので、要チェックですね。

他にもファーマフラーにしたらかわいい生地がありますので紹介します。

ファー生地色々

ふわふわモコモコの生地って可愛いですよね〜

今回使用したのはカールマイヤーボアは、残念ながら、2020年11/12現在、売り切れのようです。入荷情報がありましたら追記します。

fur_muffler1

似たような生地を紹介しますね。

マイクロファイバー素材のプードルファー

羊みたいなシープボア

キツネの毛のようなフェイクファー

ミンク調のフェイクファー

ポコポコ凹凸が可愛いパイナップルボア

バンビやシマウマ、ヒョウ柄などのアニマルボア

ファー(ボア)の種類によって出来上がりのイメージもだいぶ変わりますね。

姉妹ならお揃いで色違いがオススメ

うちの姉妹にはお揃いの色違いで白と黒のカールマイヤーボアで作りました。

たまに今日は私が黒とか言って交換したりして使ってます。

スポンサーリンク

制作後記

ファーはかわいいんだけど、毛羽の埃が舞って少し大変…

でも工程はとっても簡単です。

しかもとっても暖かい(о´∀`о)しかわいい♪

それに買うよりも断然お得です。

同じ生地でファーティペットの作り方もUPしました。こちらもぜひ合わせてみて下さい。

fur_tippet16
子供用つけ襟(ファーティペット)の超簡単な作り方と無料型紙こんにちはキューです。 着けるだけで シンプルなお洋服をおしゃれで可愛くアレンジ 出来て 首元が暖かい の...