ラミネート生地でピアノのレッスンバッグの作り方

今日の東京は雨です。そろそろ梅雨ですね。

そんな日でもお友達と約束してくる娘、さすがに公園は無理だし、いきなりうちにこられても私の都合もあるしってことで、今日はお家で宿題をやったり妹と遊ぶことに変更したそうです。

 

雨の日にも遊べる児童館が近くにあるといいんだけどね。ちょっと歩いて行くには遠いんです。

学区内に一つは児童館を作ってくれないかな〜それか放課後も校庭や体育館とかで毎日遊べるようになるとか。

徐々にうちの市でも放課後小学校でおあずかり制度が普及してきてるみたいだけどまだこのあたりは先になるみたい。

お姉ちゃんが卒業する頃かしらね。

さて今日はお姉ちゃんのピアノのレッスンバッグを作りました。

うちの姉妹は習い事はピアノと時たま行くバレエだけです。

バレエはゆる〜い感じで、行ったら500円を缶に入れて名前を書くシステム、なのでのんびりやってます。

ピアノの方はもう少し気合い入れて頑張ってるので4年も経つとバッグがボロボロに。。。

防災頭巾の時もそうだけど、いろいろなものがそろそろ替え時です。

よーしママ頑張っちゃうぞ!

最近作り始めてから作り上がるまでがあっという間です。

今日もわずか1時間くらいでできました。

この生地はまたまた先日の防災頭巾やペンケースの生地の残りです。

お気に入りのコットンこばやし 日本製

ソレイアードの生地に少し似てますね。

※ソレイアード(SOULEIADO)は南フランスのプロヴァンス地方に伝わる伝統的なテキスタイルです。

作り方

作り方の参考にしてください。

  1. まずは持ち手の部分38cmを作る
  2. 裏布と表布を縫う
  3. 持ち手を左右10cm開けて付ける(慎重な方は両面テープでつけておく)
  4. 裏布をつけて表布と一緒に縫う
  5. 持ち手を補強する為1.5cmくらいのところも縫う

ポイント:裏布は表布より少し小さめにしておくと収まりが良いです。

とっておきアイテム:同じ幅で縫いたいときに磁石でくっつくガイドが便利です。

完成!大きめの楽譜が縦にも横にも入る大きさです。

ピアノの練習毎日大変だけど頑張ってね♪

継続は力なりですよ。

handmadebycue.com キュー

see you!

 
 

スポンサーリンク

 

SNSフォローお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。