子供に刃物の扱い方を教えてあげよう。ハサミはいつから?包丁は?

こんにちはキューです。

小学生のお子さんにナイフを使わせたことはありますか?

子供にナイフを持たせるなんて考えられないですよね?

しかし、昭和世代の私が小学生の頃は切り出し小刀を使って、竹とんぼを作ったり、鉛筆を削ったりしたものです。

自分が子供の頃には平気で刃物を扱っていたのですが、いざ子供にやらせてあげようと思うと
「怪我したらどうしよう?」
と不安になりますね。

でも、親も勇気を持って

お子様に刃物の扱い方と怖さと便利さを教えてあげましょう。

今の小学校では規制がたくさんある為、出来ないこともたくさんあります、

しかし本来教育とは、家庭で行うものです。

ということで本日は、ハサミや包丁などの刃物の扱い方と教え方、そして子供におすすめのナイフをご紹介いたします。

 

ハサミはいくつから使わせる?教え方は?

子供が生まれて初めて使う刃物はハサミです。

では、子供が何歳くらいになったらハサミの使い方を教えてあげてもいいのでしょうか?

だいたい2才くらいになると大人が使っているハサミに興味が出てきます。

最初は動かし方を学ぶためにはプラスチックで出来た安全なハサミでもいいのですが、

出来れば、ハサミは危ないものだということを教えるためにも、最初から子供用の金属製のハサミを使わせてあげましょう。

先が丸くなっていて、プラスチックのカバーがしてある幼児用が販売されてます。

amazon 

子供によってはまだ興味がなかったりします、

すると、きちんと椅子に座ってハサミを使うことが出来ないので、無理にさせることはありません。

むしろまだ早いです。

興味が出てきて、きちんとお座りして作業が出来るようになってからにしましょう。

まずはママが折り紙などを切って、ハサミに興味を持たせてあげることが大事です。

そして、「使ってみたい?」

「うん」

という会話ができてから始めます。

初めは2cm幅くらいの細長い短冊型の紙をちょきちょきと切らせてあげましょう。

たった5分くらいでもママは疲労困ぱいすると思いますが^^;頑張りましょう。

夢中になるので、「まだやるー」といつまでも言いそうなので、次の遊びを用意しておきましょう。

次の遊びは、切った紙をのりで画用紙に貼り付けていきます。

のりは昔ながらの容器に入った糊(のり)を使います。

楽天市場 

指先にべたっと着けて、紙に貼り付けます。

水糊やスティックのりではいけません。

指先の感覚を鍛えるので糊は直接指で付けることが大事です。

ハサミの教え方のこつ

  • きちんと机に向かって座る
  • ママがお手本を見せる
  • ハサミは危ないものだということを教える
  • 持ち方を教える
  • 動かし方を教える
  • 刃先は常に前に向かって進み、カーブは紙の方を動かすようにする
  • 硬いものを無理やり切らない
  • 使い終わったらきちんとカバーをして片付ける
  • 床の上に置かない
  • ハサミを渡すときには相手に刃先を向けない
  • 無理に教えない
  • ふざけない

何を教えるのにも最初が肝心です。真面目に楽しく教えてあげましょうね。

包丁はいくつになったら教えてあげる?

子供っておままごとが好きですよね。

年長さんくらいの歳、5〜6才くらいになったら、包丁を使ったお料理のお手伝いをさせてあげましょう。

追記:子供やママによってはもっと早くから教えてあげるご家庭もあるようですが、子供用ではない本物の包丁を使う目安です。

まだ背が小さいうちは、安定した踏み台を使ってキッチンに立つか、テーブルの方にまな板を置いてもいいですね。

最初は柔らかい茹でた人参や大根、皮をむいたきゅうりなどが、切りやすいです。

子供用の包丁も売ってますが、柔らかいものしか切れないので小さめの持ちやすいサイズの三徳包丁がおすすめです。

楽天市場 

包丁の柄をママが一緒に手を添えて持ってあげて、押さえる方の手は必ず猫の手にすることを教えてあげましょう。

少しずつお手伝いをして行くうちに上手になっていきます。

夕飯のお支度は余裕を持ってしないとなかなか難しいですよね。

それがなかなか出来ないんですけど^^;

毎日は大変なので、休日の時間のある時と決めてもいいかも知れませんね。

ナイフフォークを使って食べよう

包丁と同時期か年中さんくらいでも出来ます。

ナイフとフォークを使うお食事もたまにはしましょう。

ランチョンマットを敷いて、テーブルコーディネートを子供と一緒に考えましょう。

食育にもなります。

子供におすすめのナイフとフォークは、

無印良品のデザート用ナイフとフォークを子供用にします。

サイズがちょうど良く持ちやすく、チキンでも切りやすく、食べやすいです。

最初はホットケーキがおすすめです。

チョコやフルーツでデコレーションして、素敵な朝ごはんを楽しんじゃいましょう。

上手にナイフフォークを使えるようになったら、

「レストランに連れて行ってあげても恥ずかしくないわ」

と褒めてあげましょうね。

小学生になったらカッターの使い方を教えてあげよう

次に小学生(6才〜7才)になったらカッターで紙を切ることを教えてあげましょう。

カッターマットを用意して、お家の形にハサミで切ったものに窓をくり抜きます。

今までは周りの形しか切れなかったのに、カッターを使えば真ん中に穴を開けることが出来ることに子供は感動します。

ハサミと同様に、必ず使い終わったら元の場所に片付けましょう。

本物のナイフの使い方を教えてあげよう

そして、4年生くらいになったらついに本物のナイフを使わせてあげましょう。

最近は、家庭ではなかなか教えませんよね。

ボーイスカウトやガールスカウトでは今でも野外活動では自分のナイフを使います。

キャンプの時などに焚き火で焼きマシュマロをする際の竹串を作ります。

薪割りの斧で細くした竹の手に刺さりそうなささくれをナイフで綺麗に整えて、先を細く尖らせます。

最初は力が入らないので、竹の方を引くようにします。

慣れてきたら親指で押すようにして、削れるようになります。

この方法を普段練習するには昔ながらの、鉛筆削りですね。

絵の好きな子は鉛筆を平たく削ったり、自分の好みの削り方にします。

なぜか鉛筆削りで削ったものよりも折れにくく描きやすくなります。

おすすめの子供用ナイフは

フランス製のOPINELナイフの子供用モデルがおすすめです。

OPINEL オピネル
ラウンドティップ  No.07

先が丸くなっているので、安全に配慮されています。

とはいえきちんと刃が付いていますので、安全に気をつけて使うことを教えてあげましょう。

子供用とはいえ、大人にもアウトドアでは大活躍です。

刃先は折りたたんでしまえるので、持ち運びにも便利です。

BBQの料理から、工作、パンにバターを塗ったりとキャンプには必須です。

もしも刃物で指に怪我をした場合は?

すぐに病院へ行きましょう。

救急車は119

救急車を呼んだ方がいいのか迷った時の相談ダイヤルは#7119

応急処置は必要です患部を水で洗い流し、ガーゼで押さえて、少しきつめに包帯などで巻きます。

指の怪我の場合はなるべく心臓よりの高く手をあげておきます。

怪我をすると、親も子供も慌ててしまいます。

とっさの電話番号などが出てこないことも。

電話のそばと、保険証の袋にでも119番やかかりつけのお医者さんの電話番号を必ず書いておくといいですよ。

怪我は慣れてきた頃に起こります。

刃物の扱いに慣れてきた頃に扱いが雑になることがありますので、定期的にチェックしてあげましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

刃物のは使い方を子供に教えてあげるのは親の責任です。

刃物を持っていることを自慢するようなことがなく、他人を脅かしたりするようなことは絶対にしてはいけないこと、安全な使い方と、扱い方を教えてあげましょう。

パパやママにはドキドキで避けて通りたいことの一つではありますが、子供の先の石を拾ってあげるばかりでは子供は成長しません。

失敗から学ぶことがたくさんあります。

子供が自分で考え、正しい行動が出来るように。

そして、刃物を上手に扱うことができる器用な子に育つといいですね。

 

スポンサーリンク

 

SNSフォローお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。