結露しないアイス枕カバーの作り方

毎年暑くなってくるとうちの娘たちはアイス枕をせっせと冷凍庫から自分のお布団へ持って行って寝てます。

もう今年もこの季節がやってきましたね。

スポンサーリンク

私はまだまだ夜は肌寒いな〜って思いますけど、子どもの体温は高いですよね。

アイスノンって商品名で昔は言いませんでした?以前は1000円くらいしましたが、最近は390円とか破格の値段で売ってるところも。

タオルに包んだりしますが、朝起きるとお布団が結露でべちゃべちゃになっちゃうんですよね、なんだかカビ生えそうだな〜って毎年思ってたんです。

専用のカバーが付いて売ってるものもあってそれだと湿気らないんだけど、化繊の素材があまり好きじゃなくって、なんとかならないか考えたところ。

出来ました出来ましたこんなこと出来ました♪

布山へGO!

*布山とは買いすぎて溜まりすぎた布の山です、人により押入れ一軒分もあるつわものも(キューペディアより)

ピンクのフランネル発見!これこれ前に子供の冬物のパジャマでも作ろうかなと買っておいたやつ。

これで袋状に縫って端っこはカバーの中に入れちゃう方式のカバーです。

ちょっと飾りにレースを姉妹お揃い、レースのサイズ違いです。

そして数日使ってみたところ

いいですよ〜〜〜〜〜〜〜!

結露でべちゃべちゃにならないんです。

しかも綿のフランネル素材なので触り心地ふかふかなのに、アイス枕でひんやり

これで安心してぐっすりおやすみなさいzzz…

子供達もとっても気に入ってくれました。

朝になると、その日の夜のために自分で冷凍庫に入れてます。

入れ忘れると夜になってがっかりするんです。

多少しっとりとしているカバーはベッドサイドに干しておきます。

皆さま冷房の付けっぱなしで寝て夏風邪ひかないようにご用心くださいませ。

追記

7月になってとても暑い夜がありました、少しは結露してますが、タオルよりはずっとましです。私と主人のアイス枕も追加で買ってきました。7/19

スポンサーリンク

。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.

handmadebycue.com キュー

see you!

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。