あずきのチカラで目の疲れを取りたい、ホットアイピローの簡単な作り方

こんにちはキューです。

寒い時期には血流が悪くなって、目元にも疲れが出てきますよね。

コンビニや薬局で売ってるめぐリズムの蒸気でホットアイマスクいいですよね〜

目が疲れている時、寒い冬、眠れない時、飛行機や新幹線の移動の時に

気持ちいですよね〜

でも、お値段が高いんです!

なので毎日はちょっともったいなくって使えません。

なのでそれに替わるホットアイピロー作っちゃいました。

中身はあずきが入っていて、この重みがマッサージ効果もあるようで、電子レンジで温めて使うので経済的なんです。

とっても気持ちがいいですよ〜、しかも簡単です。

スポンサーリンク

あずき入りホットアイピローの作り方

シーチングなどなんでもいいので適当な布を用意する

筒に縫い、あずきを適量入れて縫い閉じます。

閉じてしまうので、端の処理は切りっぱなしでも大丈夫です。

中身が出来たらカバーを作ります。

可愛くて肌触りの良い布、リバティー生地、綿ローンやガーゼなどがオススメです。

枕カバーやポケットティッシュケースの作り方と一緒で、裏で少し重ねて、入れるところを作ります。

端の処理はジグザグミシンやロックミシンにして一枚仕立てでもいいです。

今回私が作ったのは、長い筒状に縫ったものを裏返して綴じて、中央で少し重なるように折ってから端を二本ミシンすると、二枚合わせの布になり少ししっかりとします。

使い方

あずき入りの中袋を600wレンジで30秒〜40秒くらい温めて、外袋(カバー)に入れて使います。

注意

繰り返し何度も使えますが、温め過ぎに注意してください。そして火傷にも注意です。温めをすぐに繰り返さない方がいいと思います。

自己責任でお願いします。

スポンサーリンク

まとめ

夏は冷やしておいてもいいですね。

温めなくても、あずきの重さがとても心地よく、目の疲れが癒されます。

そして、ほんのり餡子の香りがします。

ほんのり餡子の香り?

また、その他の中身だとフラックスシードとラベンダーを入れても良い香りが。

今度他の具?を入れて作ってみますね。

アイマスクやアイピロー簡単に作れますのでいかがでしょう?

作る時には肌触りの良い布を使うことをオススメします。

今日もキューのブログを見てくださってありがとうございます。

ハンドメイドで暮らしのアイデアをご提供して、みんながhappyに暮らせるといいなと思ってます。

またのお越しをお待ちしてます。

see you!

スポンサーリンク

SNSフォローお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。