ヒンメリって知ってる?幾何学モビール作りで子供の知能もアップ?

こんにちは、キューです。

クリスマスの飾りを検索していたら、フィンランドの伝統工芸品でヒンメリというのを知りました。

ストロー状の棒に紐を通して多面体の立体を作り、天井から吊るすんです。

夕日やキャンドルの光が当たると、白い壁に幾何学模様の影が映り、なんとも綺麗です。

子供でも簡単なヒンメリの作り方を合わせてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ヒンメリって何?

私、ヒンメリなんて言葉最近になって初めて知りました。

himmeliと書きます。

フィンランドの伝統装飾品でもともは藁に糸を通して、立体的に組み立て、つなぎ合せたら吊るすものです。

調べて見ましたら、himmeliの語源はスウェーデン語でhimmmelは「天」の意味だそうです。

土着文化というのでしょうか?太陽や誕生を祝う祭に飾られていたようです、クリスマスの文化が入るとともにオーナメントのような装飾品であったり、幸運のお守りとして飾られているそうです。

ヒンメリの構造

基本は正八面体です。一番安定する作りなのでしょう。

ピラミッドが上下に合わさったような形ですね。

もしこれが、サイコロのようなキューブ型の場合はストロー(麦わら)に紐だけなので形が不安定です。黄金比のようなものかもしれませんね。

この正八面体を組み合わせて、発展させていく事によっていろいろな表情が現れます。

ヒンメリは子供の知育に役立つ?

マグフォーマーというおもちゃを知ってますか?ボーネルンドというおもちゃ屋さんでよく見かける人気のおもちゃです。数学的センスや空間把握力、科学的思考を育てるコンセプトで作られているそうです。
amazon.co.jp

なぜマグフォーマーの話が?

そうなんです、マグフォーマーの代わりにヒンメリはどうかしら?っていう提案なんです。

マグフォーマーって結構なお値段するんですよ。マグネットでカチッとつく感覚が気持ちいいんですけどね。

マグフォーマーの数学的、空間把握などを育てる目的とするのでしたら、同じような立体を作っていくヒンメリでもいいのでは?

しかも指先が器用になる能力もさらにUP!

どこにでもある材料で簡単な作り方を紹介しますね。

子供でも簡単で楽しいヒンメリの作り方

作って壊してまた遊ぶというのは出来ないんですけど、作りあがったら天井から吊るして飾れます。簡単な材料と作り方です。                   https://www.photo-ac.com/

材料

  • ストロー
  • ビーズ
  • マスキングテープor透明テープ

作り方

  1. ストローを同じ大きさに8個切っていく、まずは5cmくらいでつくるのがいいです。
  2. 刺繍糸などお好きな紐を1mくらいの長さに切り、先にテープを巻いてストローに通しやすくする。紐の代わりに針金でも出来ますが手などを切らないように注意してください。
  3. 次に、正八面体を作ります。これは作り方を教えてあげたいところなんですけど、、、知育ですので、お子様と一緒に考えてください
  4. 同じ形、または違う大きさで何個かつなげてみたり、重ねてみたり、中に入れてみたりして、想像して作ってください。
  5. 最後は紐を結び、天井からぶら下げられるようにします。
  6. ヒンメリとヒンメリの間に飾りのビーズをいれても可愛いくなります。

スポンサーリンク

まとめ

失敗しても安い材料ですので、気軽に遊ばせてあげられていいですね。

本格的に頑張れば大作もできそうです。

これから冬が来るとお家の中で遊ぶことも多くなりますので、オススメです。


キューのブログをみてくれてありがとうございます。

ハンドメイド好きの仲間大募集です。

ツイッターのフォローお待ちしてます。

handmadebycue.com キュー

see you!

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。